施術について

保険で対応できる症状

初めて来られる際、以下の症状にあてはまる方は
健康保険証をご持参いただけますようお願い致します。

骨折・脱臼
骨や関節がはずれてしまうなどのケガ
捻挫
日常生活やスポーツなどで痛めてしまった
手首・肘・肩・腰・膝・足首などの主に関節の症状
(ギックリ腰や寝違いも捻挫に含まれます)
打撲
ぶつけてしまい痛めた症状
挫傷
肉離れ等の症状

交通事故

交通事故の治療は、ながれ接骨院でも施術を行なうことが出来ます。
交通事故で多い症状が、むち打ち(頚部捻挫、頚椎損傷等)です。
レントゲンでは骨しか写らず、筋肉や靭帯を痛めることにより、痛み、しびれ、全身の倦怠感などその日ではなく、数日後に症状が出てくることもあります。
ながれ接骨院では早期に症状を回復させるため、手技療法を中心とし、電気療法など様々な施術法を組み合わせて早期に症状改善を目指します。

交通事故・お悩み相談室

交通事故後のこのような症状で悩んでいませんか?

レントゲンでの異常がないが身体が辛い。
首を動かすと痛くて何もできない。
めまい、吐き気などがある。
手足が痺れる、力が入りにくいなど
シップや電気治療を受けているがなかなか改善しない etc…

保険

各種保険取扱いについて
各種保険が使えます
> 国民健康保険 > 政府管掌保険(社会保険) > 組合管掌保険(健康保険組合の健康保険)
> 共済保険 > 退職者健康保険 > 高齢者医療制度 > 船員保険 > 自衛官保険 > 各種医療助成(など)
> 自賠責保険・自動車事故任意保険 > 生活保護 > 労働災害・通勤災害 > 各種傷害保険の申請

保険が適応される場合

整骨院や接骨院で骨折、脱臼、打撲及び捻挫の施術を受けた場合。
※ 骨折及び脱臼については、緊急の場合を除き、あらかじめ医師の同意を得ることが必要です。

保険診療をするにあたっての注意事項


健康保険の使える整骨院・接骨院とは、柔道整復師法によって国家資格免許を受けた柔道整復師が、柔道整復術によって外傷による運動器の損傷(ケガ)を治療する施設です。
柔道整復術とは、保険のきく整体・マッサージではありませんので、ケガとして各種保険を使用するのには「いつ」「何をして」が明確である必要があります。

保険証をお持ちください


はじめて受診されるときは、必ず保険証をお持ちください。
保険証をお持ちいただかないと、保険適応症状でも保険外での診療になりますので、ご注意ください。

※症状や施術内容によっては保険対象外になることもありますので、ご了承下さい。

お問い合わせ

電話・FAXでお問い合わせください。TEL・FAX: 0883-35-8515 

リンク

ながれ接骨院 → http://nagare-s.com
社団 JB日本接骨師会(柔道整復師センター)→ http://pb-jb.org/
患者と柔道整復師の会 →http://www.kj-kai.org/
接骨院・整骨院の患者相談ダイヤル →http://k-jsoudan.org/
全国勤務柔整師協会 →http://www.pb-zk.jp/